スマホの電源が入らない!修理の前にやる事とは?

データ復元する際の選択肢

原因のわかりにくい論理障害

スマホのデータ破損の原因は大きく二つに分けられますが、原因となっている場合が多くかつ分かりにくい方を論理障害といいます。
論理障害とは、私たちの誤動作によってスマホのデータを誤って削除してしまうことや、ウイルスの感染によってスマホのデータを開けなくなったり消失してしまう症状を指します。
つまり、スマホそのものやそのシステムに障害があるのではないということです。
症状の程度によりますが、このような場合は復元アプリやソフトによって解決できることが多いです。
特にウイルス関係にかんしてはフリーソフトも豊富ですので試してみるとよいでしょう。
ただ、機械に疎い方は症状が重い方は迷わず業者に依頼することをお勧めします。

物理的な破損は迷わず業者へ

論理障害と対となって存在しているのが物理的なデータ破損です。
すなわち、スマホそのものが物理的要因によって破壊されることでそもそものシステムなどに異常をきたします。
例を挙げますと、スマホの水没や落下による衝撃などによって機器そのものが壊れてしまうことがあげられます。
先ほどと違い、このような場合迷わずに復元業者に依頼しましょう。
スマホそのもののシステムが破壊されているわけですから、アプリやソフトでは復元することはできません。
業者に依頼して物理的に干渉してもらうしかないのです。
加えて、自分自身で復元しようとすることだけはやめてください。
論理障害と違い、物理的な修理は法律違反になる恐れがあるからです。


この記事をシェアする